webマーケティング

検索サイトはページのタイトルを書き換える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、実務中の会話のやり取りの中で、

「え!?そうなんですか!!?知らなかったです。」

と言われたことがあったので、共有したいと思います。それはこの記事のタイトルにもなっている、検索サイトはページのタイトルを書き換えるということについてです。

ページのタイトルとは

実際にコーディングをしない方でも、ウェブ業務に関わったことのある方なら、「コーディング上でページタイトルを設定する」ということはご存知だと思います。ウェブページを作る上で、これはかなり重要な業務ですよね。

一応ご存知ない方のために説明しておくと、通常、ウェブサイトは各ページ毎に“ページタイトル”というものが設定されています。

検索サイトでは、下のように表示されます。

SEOを気にするサイトは悩みに悩んで絞り出してこのページタイトルを名付けている事でしょう。コーダーも、一生懸命その通りになるようにコーディングをしている事でしょう。

でも、コーディングで設定した通りのタイトルを検索結果に反映するかどうかは検索サイト次第なんです。

勝手に書き換えるとは何事だ!

必死に考えたのに、、、なんて事をしてくれるんでしょうか。

とは思うのですが、それだけみんながタイトルを重要視している分、そこを悪用する人もいるワケです。

引きのあるタイトルで釣って、実際のページの中身には別の内容が!しかもウイルスなど悪意のあるサイトだった…なんてことを防ぐには、検索サイト側でページの中身を判断してタイトルを書き換えてくれた方が、検索している側からすると分かりやすい事もあります。

まぁ、ウイルスサイトがどうとかいうのは大袈裟な例ですが、より安全で分かりやすいように表示するというのが検索サイトの目指しているところだと思っておいてください。

フィードバック

「にしても、これはちょっと書き換え方おかしくない?」

と思ったら、検索結果の下などにあるフィードバックを送ってみましょう。それが確実に反映されるワケではないですが、検討材料にはしてくれるはずです。

まとめ

このように、検索サイトがページタイトルを勝手に書き換えるという事が、サイト運営者にとって良く働いたりも悪く働いたりもします。それは検索サイトがイタズラをしているワケではなく、より検索ユーザーに伝わりやすいようにという思いを持って書き換えを行った結果です。

でもそれが全て正しい書き換えという事でもないので、「これは違う!」と思ったら積極的にフィードバックを送ってみましょう。それが検討され、却下や反映がされる度、常日頃検索する僕たちにとっても、更に使いやすい検索システムへと進化していくのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*