google adwords

Google AdWordsが選ばれる理由 その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Google-AdWordsが選ばれる理由-その2

検索しているユーザーとウェブサイトを見ているユーザー両方に広告を配信できる

Google Display Network(以下、GDN)は、Google以外の一般ウェブサイトや個人のブログと提携し、広告の掲載枠を持っております。

そのため、googleと提携しているウェブサイトなら、サイトを見ている時でも、GDNの広告がユーザーの目に触れます。

以下は、その提携しているサイトの一部です。

 

GDN提携サイト

GDN提携サイト

これは一部ですが例えば芸能人のブログ、大手ニュースサイト、大手グルメサイトなど様々なサイトと提携されていますので、ユーザーは意識しなくとも目に入るようになっています。

検索している人の割合

インターネットの利用時間、検索に使っている時間、サイトを見るのに使っている時間を見て見ると。

インターネット使う時間

インターネット使う時間

 

インターネットユーザーが検索を行う時間は全インターネット利用時間のうち平均で23%という統計データがあります。

(参考:博報堂DYホールディングス)

つまり検索以外のユーザーに広告を配信しないと
80%ほどの見込み顧客を逃していることになります。

検索している人とウェブサイトを見ている人両方に広告を配信できる事でほとんどの見込み客に広告をリーチ出来る優位性をGoogle AdWordsは持っています。

コメントを残す

*