webマーケティング

何故やらない?ブログを勧める5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
何故やらない?ブログを勧める5つの理由

ブログにはたくさんの得が含まれてます。

そもそもブログとは自分の頭の中の知識や想像、あったことなどを人に伝える作業です。

自分が持ってる情報を人に提供する作業が悪いわけがないですよね。

どこどこのカレーが美味しいとか新しく買った靴がすごい軽いとかそういう情報も必要な人はたくさんいるんですよね。

今回はブログのメリットをマーケティングの視点から5つだけ書いていきます。

 

自分の媒体を持てる

ブログを作るというのは自分の媒体を持つということです。これは実はかなり価値があることなんです。
テレビや雑誌や新聞のような媒体を個人で持てるということなんです。
すごくないですか?
個人レベルで媒体が持てるんです。

では媒体を持つことでどんないいことがあるのか。

●自分の媒体に広告を出せる
●自分で売りたい商材があればそこで売れる
●自分が行けないような場所の人に伝えたいことを伝えられる

雑誌はどこから収入を得ているか。

1つは実売
実売はかなりピンキリですがまぁ今は雑誌の売上は厳しいです。雑誌の実売だけで儲かっている雑誌はほとんどないと思います。

2つ目は広告です。
この広告という部分がかなり大きいです。全国規模の雑誌の場合純広告は1p100万~300万です。いい場所に広告を出そうと思うともっと必要ですし記事広告という実際編集部が取材して記事のようにする広告ももっとかかります。

それと同じようなことがブログを育成すればできます。

宣伝用の記事で100万ももらえるの?

全然そういうブログはあります。

自分が持ってる良い情報を提供出来れば一つの強い媒体になるということですね。

ブログはSEOに強い

seo

SEOとはGoogleなどの検索エンジンで上位表示されることです。

ではどうしたら上位表示されるか。

検索されたキーワードにより合っているサイトが上位表示されます。

淡路島 玉ねぎ

で検索すると淡路島の玉ねぎのことをより多く詳しくユーザーにとってより得になるとgoogleが判断したページが上位表示されます。

ではどういうページがGoogleから評価されるか。

キーワード、情報量、オリジナリティ、直帰率など様々な要素をGoogleは見ています。

●検索者の気持ちを考える
●Googleはどういうページを表示したいか
●良いコンテンツかどうか

これらのことを考えるとやはりブログが強いです。

キーワードの攻略

ブログは1記事づつタイトル、内容を決めて記事を書けます。自分のブログにどういうキーワードでやってくるかを考えて記事を書く技術は必要ですがそれが出来ればキーワードはブログが一番攻略しやすいでしょう。

情報量の攻略

ブログの良さは記事がたまっていくということ。継続的にブログを書いて100記事ぐらいたまった時に劇的に検索エンジンから人が来るようになります。単純に情報量があるからです。自分の知っている情報をブログとして溜めていくだけです。SNSも情報は溜まるのですがそれはSNS内だけの話です。ブログは検索エンジンで調べたい人、欲しい人に提供できます。SNSに情報を溜め込んでもそのSNSが流行りSNSが得するだけです。ブログは直に自分に返ってきます。

オリジナリティの攻略

出来るだけ自分だけが知っている情報の方がいいでしょう。意外とありません?それを記事にするだけです。自転車屋さんなら自転車の知識を持ってるでしょうし、豆腐屋さんは豆腐の知識を持っています。豆腐の作り方を知ってる人はいてもこういう作り方をするとめちゃくちゃ固くなりますってのはオリジナリティです。みなさんが持ってるオリジナルの知識を記事にするだけです。

直帰率の攻略

調べたい人はその事柄に対して近い情報を見ます。一つの事柄に対して近い情報がたくさんあれば勝手に直帰率は下がります。

SEOはまだまだ色々と複雑な要素がありますがブログを地道に続けることは確実にSEOで有利になります。

ほったらかしでも訪問してくれる人がいる

ほったらかしでなんとか〜って言うとあやしいかもしれませんがそうなのです。
ある程度の記事が溜まるとほったらかしでも人がきます。SEOの一つの要素でドメイン年数の長さがあります。ドメインは建物でいう住所です。その住所で長く維持費を払い続けると信用を得ます。でもただ置いとくだけでは意味がないですよね。多くの良い情報を置いとくことで継続的に見にくる人がいます。

10年前ぐらいにあるブログを作ったのですが、久しぶりにそのブログからの収入を見てみると5000円ぐらい入ってました。この5000円を高いと思うかやすいと思うかは個人の見解ですが10年ぐらい何もしていない適当なブログで5000円入ってるってのが大きいですよね。これは無料ブログで作成してましたので全て利益です。

自分で媒体を持つとこういう事が起こります。

ある程度ブログを育てると次は時間が勝手にブログを強くしてくれます。

コンバージョン率の高いサイトになる

これはサイトで何かを売りたい人なんかが対象になる話なのですが、コンバージョンというのは訪問した人が購入、ダウンロード、電話、問い合わせなどの行動を起こす事ですね。ではどういうサイトがコンバージョン率が高いのか。

スニーカーが欲しい人は

「スニーカー」

だけでは検索しません。

「スニーカー テニス 動きやすい」とか「スニーカー 通販 ナイキ」

など特定したキーワードで探します。
そういう自分の欲しい情報を特定して探す人の方がより求めてるものが具体的です。

そういうビッグキーワードではなく具体的なキーワードの事をロングテールキーワードと言います。

ロングテールキーワード

ブログはロングテールキーワードに対するSEO、ロングテールSEOにとても強くなります。

「スニーカー テニス 動きやすい」
に対しての記事を書いたり

「スニーカー 通販 ナイキ」
に対しての記事を書く事でニッチなワードに対してのSEOになります。

そういう記事を溜めることによってSEOで強くなっていきます。

ネットの世界では人気キーワードからのアクセスよりもアクセスの少ないキーワード(ロングテールキーワード)を積み重ねた方がアクセス数が上回ることがほとんどなんですよね。

ロングテールキーワードを選定して記事を書いていくと予期せぬところで人が集まりコンバージョン率の高いサイトになります。

文章能力や企画力がつく

実はこれは結構な利点です。しっかり考えて面白いもの、良い記事を書こうと思ってブログを継続することで確実に文章能力がつくし、企画力がつきます。

ライティングの仕事は結構あります。今はネット社会ですし尚更ですね。

私の場合は本職はデザインですがライティングの出来るデザイナーは重宝されるし、ディレクションの仕事になると企画力、商品開発力も試される事が多いです。プレゼン資料も作ります。

それらの能力はブログを書いてると上がっていきます。

あと、私はよく手紙を書くのですが手紙書くのはかなり早いです。
しっかり気持ちを込めてるのですが早いです。ちょっとした特技ですね。

まとめ

以上、何故やらない?ブログを勧める5つの理由でした。

メリットをざっと5つほど書きました。

アウトプットすることでまた情報を頭に入れる。
これを継続する事で自分の財産になる。

少しめんどくさいですけどこれを気にはじめて見てください。

100記事ぐらいになった時にきっといい事が起こりますよ。

 

 

知識技術の集大成のサイト制作致します

コメントを残す

*